UBUSUNAふぁーむ

UBUSUNAふぁーむでは

無農薬はもちろん肥料も手作りにこだわって丁寧に野菜つくりをしております。

 

『食』に関わることを

 

時に理論的な側面から

時に自然な感性で

伝えていけるように

 

・植物や土の話

 

・清水家の台所の話

 

・各種教室・販売

 

についてのページです。

うぶすなの台所 -食養生-

『食べること』と『健康』について

つきつめて考えてい行くと

結局、大事なのことはとてもシンプルな事

便利が追求される中で忘れられてしまっただけ

そんなシンプルな

ポイントだけおさえれば誰でもできる

かっこよく言えば“食養生”と

清水家の台所のお気に入りをご紹介するページです


手作り味噌

 

我が家のお味噌はもちろん全て手作りです。白味噌から赤味噌、合わせも自由自在です。火入れをしていないのでちゃんと酵素も生きています。日に日に、月ごとに熟成され味や風味の変化するお家ならではの味噌を楽しむことができます。味噌は醤油よりも熟成期間が短く、早いもので2ヶ月ほどで食べられるのもオススメできるポイントです。昔の日本は各家で味噌を作っていました。親子や家族って腸内の菌も似ると言われることから、その家族の手で培養された菌は、自分にとって、家族にとって、とても健康に役立ちます。作り方も簡単で、美味しくて、保存もよく、健康に役立つ。そんな味噌作りや菌と発酵についてもっと周知し、家でできる本当の意味での食養生について広めていきたい!と思いながら味噌作り教室も開講していきます。

手作り醤油

 

醤油も手作りしております。醤油は冬に仕込み、1年から2年かけて熟成させます。(待ちきれませんが2年熟成の方が美味しいです)

冬は1週間に1回(気付いた時に程度)、夏は3日に1回ほど混ぜます。この写真は4ヶ月目です。だんだん色や香りが変わってきています。そんな変化して行く様を観察しながら熟成を待つ時間がまたワクワク楽しいです。醤油は味噌より熟成期間が長いので少しハードル上がりますが、混ぜるだけなので難易度はさほど高くないです。毎日お家でご飯を作るご家庭なら大丈夫です!毎日三食作ることに比べたら全然手がかかりません。むしろ開けるたびに違う姿や香りをみせてくれるので、子供の成長を見るかのように幸せな気分になれます。笑


オリーブオイル

 

日本のJASより正直信用があるのがヨーロッパの認証オーガニック商品についてるEU産有機農産物マークやECOサートなどです。オイルは酸化しやすいので色付きビンに入っているものを。

安いオリーブオイルはオリーブの実では無く絞りかすから作っているものもあるそうです。高ければ良いというものではないですが、プラスチック容器に入ってる香りが逃げて酸化している微妙なオリーブオイルはもはやなんのためにオリーブオイルを選択しているのかがわからないです。(個人的感想です。w)  あとは選ぶポイントはお好みの味や香りでしょうね。いろんなオリーブオイルを使って、嗅いで、好きなものを探しましょー。


醤油

 

あ!大変!もうなくなっちゃう!

生醤油派です。味噌もですが、醤油も基本火入れがされています。だから冷蔵コーナーではなく、常温コーナーに陳列されているのです。醤油や味噌の良いところはみなさんも大好き『糀』であり『酵素の恩恵』ですよね。しかし、酵素は熱に弱い。つまり火入れがされていれば糀の恵みである酵素はおりません。火入れをするメリットは菌をやっつけて味が変わらないこと。酵素が働いているとそこの温度や湿度などに合わせて発酵が進んで味が変わってしまうのです。なので生醤油は冷蔵コーナーにおります。むしろ、スーパーでは素敵な生醤油になかなか出会えませんので私はいつもネットで醤油蔵を探して取り寄せます。ついでに糀も取り寄せます。糀は機械ではなく愛情込めて作っているものはイキイキしていますね。そんな糀で自家製の味噌や醤油を仕込んでおります。煮物用はどうせ火を入れるから火入れしている醤油でもいいんじゃないかな?でも、たとえ火入れしていても香りや味は物によって全然違う!日本人としては自分のお好みの醤油と味噌には出会っておきたいですねー。醤油を作ってみればわかりますが、醤油麹と小麦、大豆、塩で作ります。原材料にそれ以外のものがあるやつはやめておきましょー。

醤油

 

我が家の煮物用の醤油です。


金ごましゃぶしゃぶのタレ

 

なにこれ!うまい!!

しかも原材料に変なの入ってない!

なのに美味い!!何これ!!

 

というわけで載せておきました(・ω・)b

マヨネーズ

 

我が家のマヨは大豆のマヨ

当たり前だけど、余計なもの入れないと賞味期限早いから

早く使おう。笑

 

だいたい余っちゃう。

賞味期限切れると分離しちゃう。でもしばらく食べる。笑




黒糖

 

お土産にいただいて知った!こんなに美味しい黒糖があるということを・・・

 

本当に美味しい。こんな美味しい黒糖は他に食べたことないレベル。

もちろん純黒糖なので何も変なもの入っていません。